成功する車種選びのノウハウ

父親の楽しみに使われる車種は、軽自動車でした。

最近、父親が入院しました。正直年も年だったので、何とも思わなかったんですけど・・・昨夜、本を読んでいたら急に涙が出てきてしまって・・・その本の内容がどうとか、そういうわけじゃないんですけど・・・。とにかく、泣けてきてしまったんです。

その時に考えていたのは、父のことで、父は私が中学生のころに事業に失敗しました。父の友人に言わせると、それまでは、高級外車を定期的に何台も乗り換えるような生活をしていたそうです。娘の私が言うのもなんですが・・・父は割と部下に好かれる方で、数少ない人の上に立てる人間だったと思います。そんな父が・・・引っ越してから、ちょっとずつやりくりして、株を購入し・・・それ以降、ショッピングモールの株主優待ラウンジでコーヒーを飲むのが、父の楽しみでした。そのことに父が使っていたのが、私の祖父から譲り受けた車で、車種は軽自動車、四人乗りの四角い車でした。ショッピングモールまではそんなに遠くなく、燃費もいい軽自動車で・・・コーヒーを飲みに行くのが、父の・・・ささやかな楽しみだったのだと思うと、なぜか涙が出てきていました。その軽自動車はMTだったので、私は動かせず、父も後遺症のせいで動かせないので・・・処分しなければいけませんでした。今、うちにあるのは7人乗れるタウンエースです。そして所有者は私・・・父よりも大きな車で、それもそれで複雑なのですけれど・・・。それでも、きっと父は幸せなのです。もう車に乗れなくても。

母は、毎日のように父に会いに行っています。この年になってもバカップルです。子供はわたしを含めて三人います。きっとまだまだ大変です。いつかは、私も私のお金で車を買うことがあるのでしょう。目指すはみんなの車です。がんばります。父が退院したら、娘の運転で・・・なんてちょっともしかしたら情けない状況でも。私の運転で、父をラウンジまで連れて行ってあげられたらいいかなと思っています。

関連キーワード